コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーザー分光学 レーザーぶんこうがく laser spectroscopy

1件 の用語解説(レーザー分光学の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

レーザーぶんこうがく【レーザー分光学 laser spectroscopy】

レーザー光を利用した分光学。分光学とは,電磁波を物質にあててその間の相互作用を調べ,物質のさまざまな性質を検知しようとする学問である。物質の応答は主としてスペクトル線として観測される。この際どれだけ接近したスペクトル線まで分離して観測できるか(分解能),どれだけ弱いスペクトル線まで観測できるか(感度),スペクトル線の位置や強度をどれだけ正確に決められるか(精度)が測定上の重要な要素となる。従来の分光学では分光器の性能がこれらを制約していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

レーザー分光学の関連キーワードレーザーマウス光学分光化学分光学レーザー通信レーザーメスレーザー加工化学レーザー赤外分光

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone