コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーバークーゼン レーバークーゼンLeverkusen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レーバークーゼン
Leverkusen

ドイツ西部,ノルトラインウェストファーレン州工業都市ケルンの北,ライン川右岸に位置する。幹線鉄道およびアウトバーンに接し,ラインの水運も利用できる交通至便な地を占める。ドイツ最大の化学会社バイエルの大工場があり,薬品,化学製品,フィルムなどを産する。そのほか製鉄,織物などの工場も立地。 1930年に町村合併で市制を施行した中核のない都市であったが,近年都市計画に基づいて都心部が造成された。人口 16万593(2010)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

レーバークーゼン

ドイツ西部,ケルン北方約5kmの工業都市。ライン川右岸の河港都市。鉄鋼,機械,染料,繊維などの工業が行われる。16万1200人(2011)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

レーバークーゼンの関連キーワードバイエル[会社]

レーバークーゼンの関連情報