コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーム事件 レームじけんRöhm Affäre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レーム事件
レームじけん
Röhm Affäre

1934年6月 30日,A.ヒトラーSA (ナチス突撃隊) 隊長 E.レームなど党内の反ヒトラー分子,左派分子を粛清した事件。政権を掌握したヒトラーは軍部と資本家階級の協力を得るため,党の擬似軍隊組織 SAの改革と元ナチス指導者 G.シュトラッサーら左派分子の一掃が必要であると考え,H.ゲーリング,H.ヒムラーらの協力を得てドイツ各地で一斉に処刑,暗殺した。これによってヒトラーに次ぐ実力をもっていたレームは排除され,ヒトラーの地位は確立された。「ナチス第二革命」とも「六月三十日事件」ともいわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のレーム事件の言及

【第三帝国】より

…最初は国家人民党員ら保守派との連立政権(ナチ党員はヒトラーを含め3人のみ)だったヒトラー内閣もほぼナチ党員一色となり,ナチ党(ナチス)一党支配が確立される。その後,ナチ党の行動組織であった突撃隊Sturmabteilung(SAと略称)の指導部と伝統主義的な国防軍首脳部との対立を焦点に緊張が発生するが,ヒトラーは34年6月末,突撃隊参謀長レームを中心とする不満分子を粛清(いわゆるレーム事件)して国防軍の支持を確保し,大統領ヒンデンブルクの死を機会に総統=大元帥となる。外交的には,この間,国際連盟を脱退(1933年10月)するものの,国内での軍備強化に専念し,積極的対外行動は控える。…

【ヒトラー】より

… 1933年3月5日の国会選挙でナチスは647議席のうち288議席を獲得し,同年3月23日の授権法により議会政治を排除,5月以降,政党,労働組合の解散を強行し,ナチスによる一党支配を確立した。34年6月レーム,シュライヒャー,G.シュトラッサーなど潜在的な敵対者を粛清(レーム事件)。同年8月大統領ヒンデンブルクの死後,〈総統にしてドイツ国首相〉として,党首,政府首領,国家元首の地位を一身に結合,また国防軍の最高指揮官として軍からの忠誠の宣誓をうける。…

【レーム】より

…一時ヒトラーと不仲になったが,30年から再び突撃隊参謀長。〈第三帝国〉成立後は突撃隊を基盤とする新しい軍隊の創設を夢見たが,伝統的ドイツ国防軍との当面の提携を重視するヒトラーによって,1934年6月30日のいわゆる〈レーム事件〉で粛清された。【山口 定】。…

※「レーム事件」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

レーム事件の関連キーワードシュライヒャー(Kurt von Schleicher)ユング(Edgar Jung)グレーゴル シュトラッサーシュトラッサー兄弟シュライヒャーE. ユングパーペンSS

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android