コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロイコトリエン ロイコトリエン leukotriene

3件 の用語解説(ロイコトリエンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ロイコトリエン(leukotriene)

アラキドン酸から動物組織で合成される一群の生理活性物質白血球遊走促進作用や気管支収縮作用がある。気管支喘息(ぜんそく)の原因物質。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ロイコトリエン

喘息発作やアナフィラキシー抗原抗体反応が引き金となって起こる激しい過敏反応)を司る物質として発見された一群の生理活性物質。アラキドン酸などの炭素数20の多価不飽和脂肪酸から生合成される点でプロスタグランジンと共通するが,炭素骨格はかなり異なる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

ロイコトリエン

 ロイコトリエンA4(C20H30O3,mw318.46,上)と,ロイコトリエンB4(C20H32O4,mw336.47,下)の構造を示す.

 イコサノイドプロスタグランジン類)の一群の名称で,例えば上図に示した物質.生体膜のリン脂質の中のアラキドン酸から生成し,白血球の遊走に影響するなど諸種の生理活性を示す.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロイコトリエンの関連キーワードトリエント公会議ポリエンブリエンツアラキドン酸カスケードイコサトリエン酸イコサノイドイコサポリエン酸エイコサトリエン酸トコトリエノール5-ヒドロペルオキシイコサテトラエン酸

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロイコトリエンの関連情報