コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロイコトリエン leukotriene

百科事典マイペディアの解説

ロイコトリエン

喘息発作やアナフィラキシー抗原抗体反応が引き金となって起こる激しい過敏反応)を司る物質として発見された一群の生理活性物質。アラキドン酸などの炭素数20の多価不飽和脂肪酸から生合成される点でプロスタグランジンと共通するが,炭素骨格はかなり異なる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

ロイコトリエン

 ロイコトリエンA4(C20H30O3,mw318.46,上)と,ロイコトリエンB4(C20H32O4,mw336.47,下)の構造を示す.

 イコサノイド(プロスタグランジン類)の一群の名称で,例えば上図に示した物質.生体膜リン脂質の中のアラキドン酸から生成し,白血球の遊走に影響するなど諸種の生理活性を示す.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

ロイコトリエンの関連キーワードサミュエルソン(Bengt Ingemar Samuelsson)5ロイコトリエン受容体拮抗薬ベンクト サムエルソンアラキドン酸カスケードB.I. サムエルソンアトピー性皮膚炎リポキシゲナーゼE. コーリーアレルギー反応腎疾患とはリノール酸必須脂肪酸喘息発作

ロイコトリエンの関連情報