コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロイヤル・チトワン国立公園 ロイヤル・チトワンこくりつこうえんRoyal Chitwan National Park

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロイヤル・チトワン国立公園
ロイヤル・チトワンこくりつこうえん
Royal Chitwan National Park

ネパール南部,インドとの国境地帯の低地帯,タライに広がる密林と草原からなる国立公園。面積 932km2。 1973年指定。政府の移住奨励策によって原生林が切り開かれ,この地の自然環境は危機的状況に追い込まれたが,1973年国王が国立公園に指定し住民を再移住させ,密猟取り締まりのための軍隊を派遣したことによって,自然破壊に終止符が打たれた。絶滅寸前であったインドサイのほかベンガルトラナマケグマなどの動物,さらに 500種に上る鳥類や昆虫類が生息する。 1984年世界遺産の自然遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ロイヤル・チトワン国立公園【ロイヤルチトワンこくりつこうえん】

タライ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界遺産情報の解説

ロイヤル・チトワン国立公園

ロイヤル・チトワン国立公園はヒマラヤ山脈の麓に広がるタライ平原にあります。希有な野生生物を救うため、1973年にネパール初の国立公園に指定され、さらに1984年にユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されました。首都カトマンズから飛行機で約30分、バスなら8時間。観光客は許可がないと立ち入りできません。公園内には、インドサイ、ベンガルトラ、ヒョウクロコダイル等の絶滅の恐れの高い動物や500種類以上の野鳥が生息しています。象の背中に乗ってみるジャングルサファリや、ラフティングカヌーバードウォッチングなどのアクティビティを楽しむことができます。

出典 KNT近畿日本ツーリスト(株)世界遺産情報について 情報

ロイヤル・チトワン国立公園の関連キーワード自然破壊原生林終止符

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android