ロキシー・ミュージック(読み)ろきしーみゅーじっく(英語表記)Roxy Music

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

1970年代イギリスのグラム・ロック(きらびやかに着飾ったミュージシャンによる退廃的な雰囲気を強調したロック)を代表するグループ。1970年にブライアン・フェリーBryan Ferry(1945― 、ボーカル)はグレアム・シンプソンGraham Simpson(1943―2012、ベース)とともに前身グループのロキシーを結成する。すぐにアンディ・マッケイAndy Mackay(1946― 、サックス)とブライアン・イーノ(シンセサイザー、テープ)、デクスター・ロイドDexter Lloyd(ドラムス)、ロジャー・バンRoger Bunn(1942― 、ギター)が参加。デモテープを制作するが、アメリカに同名のグループが存在することがわかり、ロキシー・ミュージックと改名する。

 それと前後してバンとロイドの2人がグループを脱退、ポール・トンプソンPaul Thompson(1951― 、ドラムス)とデビッド・オリストDavid O'List(1948― 、ギター)が加入。1972年になるとオリストは解雇され、フィル・マンザネラPhil Manzanera(1951― 、ギター)が正式メンバーとして加入する。

 マンザネラ加入の直後、グループはアイランド・レコードと契約を結び、ファースト・アルバム『ロキシー・ミュージック』(1972)を録音するが、リリース直前にシンプソンが脱退。臨時にベーシストのリック・ケントンRik Kentonを加入させるが、以後正式なベーシスト不在のままグループは活動を続けることになる。

 『ロキシー・ミュージック』はいきなり全英でトップ10入りするヒットとなり、当時人気のあったT・レックスやデビッド・ボウイらに続く、グラム・ロックの新星として支持を集めた。1973年にはセカンド・アルバム『フォー・ユア・プレジャー』を発表、全英トップ5入りを果たす。しかしフェリーと並ぶグループの看板であったイーノが同年7月に脱退し、以後のロキシー・ミュージックは数多くのメンバー・チェンジを繰り返しながら、フェリーのワンマン・バンドの色合いを濃くしていく。

 サード・アルバム『ストランディッド』(1973)は全英1位の大ヒットとなり、以後『カントリー・ライフ』(1974)、『サイレン』(1975)とリリースするアルバムは徐々にアメリカでも評価を得るようになった。しかしこのころにはフェリーをはじめ、マンザネラやマッケイらのソロ活動が盛んになり、1976年6月にロキシー・ミュージックはグループとしての活動を一旦停止。解散説もささやかれた。

 しかし1978年になると再びフェリーを中心にグループは再結集し、『マニフェスト』(1979)、『フレッシュ・アンド・ブラッド』(1980)をリリース。フェリーのドラマティックなボーカルを中核に据えたAOR(Adult Oriented Rock。落ち着いたサウンドを持つ大人向けのロック・ミュージック)的なサウンドが目立つようになる。そして正式なアルバムとしては最後のものとなった『アバロン』(1982)では、フェリーの緻密なサウンド・プロダクションが全面に行きわたり、優れたポップ・ミュージックとして高い評価を受けることになった。

 『アバロン』発表後、1983年までロキシー・ミュージックは大規模なワールド・ツアーを行い、来日公演も果たす。ツアー終了と同時にグループは活動を停止し、フェリーは1984年に解散を表明した。

[増田 聡]

『『21世紀へのROCKの遺産 音楽専科復刻シリーズ13 The Gram Years』(2001・音楽専科社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android