コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロコジャ Lokoja

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロコジャ
Lokoja

ナイジェリア中部の都市。ポートハーコート北北西約 350km,ニジェール川ベヌエ川合流点付近に位置。 1832年イギリスの探検隊が来訪,50年代末にイギリスの商人が河港を建設,60年スコットランドの探検家 W.ベイキーが町を建設して商業中心地となり,内陸部最初のイギリス領事館が設置された。綿花,皮革,パーム油,パーム核,ヤムイモ,ギニアコーン,シェアナッツ,豆類,魚,キャッサバなどの集散地で,綿繰り綿織物,パーム油製造などの工業がある。付近で鉄鉱石石灰石を産出。人口5万 340 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ロコジャ(Lokoja)

ナイジェリア中部の都市。コギ州の州都。ニジェール川とベヌエ川の合流点に位置し、河港をもつ。19世紀より英国の交易拠点となり、一時北部ナイジェリア保護領の首都が置かれた。近郊に鉄鉱山がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロコジャ
ろこじゃ
Lokoja

西アフリカ、ナイジェリア中部、コギKogi州の州都。人口3万9500(1991センサス)、5万6200(2002推計)。ニジェール川とベヌエ川が合流する要衝の地に位置するため、19世紀からイギリスの交易基地として栄え、一時は北ナイジェリア保護領の首都が置かれた。また近くに鉄鉱石の産地があり、南方25キロメートルのアジャオクタに国内初の製鉄所が建設されている。[島田周平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android