コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロコジャ ロコジャ Lokoja

3件 の用語解説(ロコジャの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロコジャ
ロコジャ
Lokoja

ナイジェリア中部の都市。ポートハーコート北北西約 350km,ニジェール川ベヌエ川の合流点付近に位置。 1832年イギリスの探検隊が来訪,50年代末にイギリスの商人が河港を建設,60年スコットランドの探検家 W.ベイキーが町を建設して商業中心地となり,内陸部最初のイギリス領事館が設置された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ロコジャ(Lokoja)

ナイジェリア中部の都市。コギ州の州都。ニジェール川とベヌエ川の合流点に位置し、河港をもつ。19世紀より英国の交易拠点となり、一時北部ナイジェリア保護領の首都が置かれた。近郊に鉄鉱山がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロコジャ
ろこじゃ
Lokoja

西アフリカ、ナイジェリア中部、コギKogi州の州都。人口3万9500(1991センサス)、5万6200(2002推計)。ニジェール川とベヌエ川が合流する要衝の地に位置するため、19世紀からイギリスの交易基地として栄え、一時は北ナイジェリア保護領の首都が置かれた。また近くに鉄鉱石の産地があり、南方25キロメートルのアジャオクタに国内初の製鉄所が建設されている。[島田周平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロコジャの関連キーワードカドゥナサーコートジョスバウチポートハーコートマイドゥグリマラディポートハーディベヌエ[川]ポート・ハーコート

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone