コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロシュ Loches

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロシュ
Loches

フランス西部,パリ盆地南西部,アンドルエロアール県の町。ツールの南東約 40km,アンドル川左岸に位置する。 500年頃に創立された修道院を中心に発展した町で,12~13世紀にはイングランドとの戦場となり,15世紀にはフランス国王の居城とフランスの牢獄がおかれた。多くの塔を有する城壁内には王の居館 (14~15世紀) をはじめ,聖ウール聖堂 (10~11世紀) ,牢獄などがある。現在は周辺の農産物の集散地で,衣料・電子工業などもある。人口 7133 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ロシュの関連キーワードブレンターノ(Clemens Brentano)L. マルタン・ショーフィエホードメゼーワーシャールヘイロバート・L. フォーワードセミ・ドキュメンタリー映画モルデカイ ロシュワルトロシュ・ホールディングトゥレーヌ(フランス)インフルエンザ治療薬プロシュットクルードラ・ロシュフーコーロシュ(フランス)プロシュットコットセルビア正教大聖堂ド・ラ・ロッシュアヴォガドロ定数オセルタミビルロシュフォールロシュミット数ロシュワールド

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロシュの関連情報