コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロストフ・スーズダリ公国 ロストフスーズダリこうこく Rostovo‐Suzdal’skoe knyazhestvo

1件 の用語解説(ロストフ・スーズダリ公国の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ロストフスーズダリこうこく【ロストフ・スーズダリ公国 Rostovo‐Suzdal’skoe knyazhestvo】

中世ロシアの一公国で,キエフ・ロシアが細分状態に陥っていた時代にその北東に存在した。ロストフ,ついでスーズダリがその中心であったが,12世紀後半に都がウラジーミルに移され,ウラジーミル・スーズダリ公国と呼ばれ,キエフが没落していく中でウラジーミル大公国と称した。モスクワもこの公国の辺境に位置する町であった。その領域は,北はラチャ湖,ウスチヤ川から南はクリャジマ川,ロパスニャ川まで,東はウンジャ川,ユグ川から西はトベルツァ川にまで至る広大なものであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のロストフ・スーズダリ公国の言及

【ウラジーミル大公国】より

…やがて15世紀末にロシア統一の中心となるモスクワ公国も比較的若い公国として,この大公国内の一公国を構成していた。 ウラジーミル大公国は,当初,古くからの都市ロストフとスーズダリを中心に発展したので,ロストフ・スーズダリ公国と呼ばれていた。その基礎を築いたのはウラジーミル・モノマフの息子ユーリー・ドルゴルーキー(?‐1157)で,ユーリーの息子アンドレイ・ボゴリュプスキーがこの公国をいっそう強化した。…

※「ロストフ・スーズダリ公国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ロストフ・スーズダリ公国の関連キーワードアファナーシエフキエフ公国白ロシアコロシアム小ロシア白系ロシア人ロシアトルコ戦争統一ロシア労農ロシアロシアの恋人

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone