ロス・アラモス(英語表記)Los Alamos

世界大百科事典 第2版の解説

ロス・アラモス【Los Alamos】

アメリカ合衆国ニューメキシコ州中北部の原子力関係の研究都市。人口1万1000(1990)。サンタ・フェの北西38km,標高2225mの高原上にある。1942年マンハッタン計画に基づき連邦政府により原子力研究所が創設され,45年7月アラモゴード北西部の砂漠で世界最初の原子爆弾の実験に成功した。広島,長崎に投下された爆弾もここで製造された。戦後はロス・アラモス科学研究所として,原子核物理学,医療,生物学などの先端的研究が進められており,同市にはおもに研究所のスタッフが居住する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android