コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロタウイルス rotavirus

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ロタウイルス

乳幼児がかかりやすく、下痢や嘔吐(おうと)を引き起こす。わずかな量で感染して小腸で増える。発症までの潜伏期間は2~4日。生後5歳までに95%がかかるとされるが、重症になると脳炎を起こす恐れもある。

(2013-06-14 朝日新聞 朝刊 宮城全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

栄養・生化学辞典の解説

ロタウイルス

 レオウイルスに属する球状RNA遺伝子とするウイルス.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ロタウイルス【rotavirus】

球状の RNA ウイルス。冬季に流行する下痢症の原因となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロタウイルス
ろたういるす
rota virus

感染性胃腸炎の原因となる病原体の一つ。レオウイルス科に分類されるRNAウイルスである。1973年、オーストラリアのメルボルンにある王立小児病院のビショップRuth Bishopらによって、嘔吐(おうと)や下痢をくり返す患者の検体から発見された。乳児が感染することが多く、2~4日の潜伏期間をおいて発症し、嘔吐と下痢を主症状とし、脱水症状のほか白色の便がみられることもある。春先の3~5月頃に流行し、症状が長引くケースもあり、とくに2歳児までに感染すると脱水症状を伴って重症化することも多い。感染経路は主に経口感染で、便検査による検出により診断される。ヒト以外の動物にも感染する。病原体に触れてしまった場合は手首まで含めて十分に手洗いし、消毒には塩素系漂白剤などを希釈して用いる。
 予防にはワクチンが効果的で、世界保健機関(WHO)が接種を推奨するワクチンの一つであり、定期予防接種の対象としている国も多い。日本では2011年(平成23)からワクチン接種が可能となったが、2013年時点では任意接種とされているため有料である。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のロタウイルスの言及

【仮性小児コレラ】より

…上部小腸内に腸球菌が異常に増殖するための発酵性下痢であるとする腸球菌説,過敏性体質,年齢,食事,腸内菌叢の変動などの要因によって準備状態にあるところに寒冷刺激がストレス源となり下痢が起こるという体質説,特定の,あるいは非特定のウイルスの腸管内感染によるものとするウイルス説などである。しかし1973年,オーストラリアのビショップR.F.Bishopらが乳児下痢症の腸管上皮細胞内にロタウイルスとよばれるウイルスを発見し,日本でも臨床的に仮性小児コレラと診断された患者から高率にロタウイルスが確認され,仮性小児コレラはロタウイルス感染による乳児の胃腸炎であるとされるようになった。便が白くなる機序については完全に解明されてはいないが,ロタウイルスの感染が十二指腸や空腸上部に最も強く起こることから,その影響で胆道ジスキネジーが起こって胆汁の排出が妨げられ,一過性に便が白くなるものと考えられている。…

【伝染性下痢症】より

…ウイルスの感染によって起こる下痢症。病原体がウイルスであることは以前から知られていたが,組織培養法の開発によって,おもにエンテロウイルスであることが判明,さらに乳幼児に多い下痢症がおもにロタウイルスによることが確認された。下痢症を起こす既知ウイルスにはこのほか,アデノウイルス,レオウイルス,ノオオークウイルス,コロナウイルス,小型ウイルス粒子などがある。…

※「ロタウイルス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ロタウイルスの関連キーワード乳児嘔吐下痢症(白色便性下痢症/仮性小児コレラ/白痢)おもな感染症と病原体子どもの急性胃腸炎ウイルス(医学)ワクチンギャップ白色便性下痢症感染性胃腸炎伝染性下痢症新興感染症嘔吐下痢症感染性腸炎腸重積症乳幼児冬季

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロタウイルスの関連情報