コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胃腸炎 いちょうえんgastroenteritis

翻訳|gastroenteritis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胃腸炎
いちょうえん
gastroenteritis

吐き気や嘔吐腹痛下痢など,ごく一般的な腹部症状を示す,予後のきわめてよい疾患に対して,いわば習慣的に付けられた病名暴飲暴食食品アレルギー細菌ウイルス感染が原因となる。胃炎腸炎は,名称こそ独立しているが,臨床上は程度の差はあっても,ほとんどが同時に発症している。ことに幼児の場合は関連性が強いうえに全身症状も併発しやすいので,消化不良症と呼ばれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いちょう‐えん〔ヰチヤウ‐〕【胃腸炎】

胃腸が炎症を起こし、腹痛・嘔吐(おうと)・下痢などの症状を呈する病気の総称。胃腸カタル。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

胃腸炎

 嘔吐,下痢,腹痛などがあって,特別に指定される疾患のない場合,そして予後も良好なものを一般にいう.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胃腸炎
いちょうえん

胃腸のさまざまな炎症・疾患群について用いられる総称。胃や腸の急性炎症では、多くの場合両者が同時に存在して急性胃腸炎の形をとる。原因は食事の不摂生、大腸菌やサルモネラ菌などいわゆる食中毒菌によるもの、ロタウイルスノロウイルスなどのウイルスによるもの、感冒や気管支炎など腸管外感染、水銀、ヒ素、リンなどの中毒、寄生虫などの機械的刺激、腹部の冷却、アレルギーなどである。症状は急激な悪心、嘔吐(おうと)で始まり、ついで多少激しい腹痛とともに、初めは悪臭ある不消化便、まもなく水様性下痢となり1日十数回に及ぶ。また頻回の嘔吐があり、初めは食物残渣(ざんさ)、のちには胆汁が混じる。発熱は一定しないが、細菌性のものでは高熱を発する。重症では脱水症となる。診断は症状から容易であるが、原因を明らかにすることはかならずしも容易でない。
 治療は、水分を十分に補給することが基本である。嘔吐や下痢が長引く場合は輸液、水分と電解質の補給を行う。症状の改善にしたがい流動食から普通食に移行する。脱水症には補液を行い、特定の細菌性のものには抗生物質を与える。[増田久之・荒川弘道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

胃腸炎の関連キーワードノロウイルスによる食中毒アデノウィルス感染症急性ウイルス性胃腸炎子どもの急性胃腸炎好酸球増加性胃腸炎アレルギー性疾患アルコール依存症ウイルス性食中毒ヒ(砒)素中毒胃腸炎ウイルスカドミウム中毒汎白血球減少症アデノウイルスゲルトネル菌ブタコレラ菌腸炎ビブリオ伝染性下痢症サポウイルス感染性胃腸炎桂枝人参湯

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

胃腸炎の関連情報