コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロドヒポクシス

百科事典マイペディアの解説

ロドヒポクシス

アッツザクラとも。南アフリカ原産のキンバイザサ科の球根植物。葉は根生し,長さ6〜7cm,線形白毛があり,先はとがる。5〜6月,高さ約7cmの花茎の先に淡紅赤色の花を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロドヒポクシス【Rhodohypoxis bauerii (G.‐Botf.) Nel.】

小鉢物として多く栽培されるキンバイザサ科の春植え宿根草(イラスト)。南アフリカ中部~東部の高地,1500~3000mに野生する。矮性(わいせい)で,地下には球根状の根茎がある。5月中旬ごろ,根生してうぶ毛のある数枚の広線形の葉の中心から短い花茎を出し,径2cmくらいの花を次々と開く。花被片6枚。アッツザクラの名で呼ばれるが,アッツ島ともサクラとも何の関係もないので,最近はロドヒポクシスと呼ばれることが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロドヒポクシス
ろどひぽくしす
[学]Rhodohypoxis baueri Nel.

ヒガンバナ科の秋植え球根草。根出葉は群出して細長く、長さ5~10センチメートル。5~6月、長さ約7センチメートルの細い花茎を次々と出し、頂に星形で径約2センチメートルの花を開く。花被片(かひへん)は淡紅色で披針(ひしん)形、外花被片3枚は内花被片3枚よりやや大きい。雄しべ、雌しべは、ほとんど見えないほど小さい。冬は葉が枯れて休眠するが、4月には新葉が出る。南アフリカ原産。アッツザクラの名で売られる園芸種は、鉢植えにして促成されたもので、白、桃、濃紅色など花色も豊富である。
 寒さにやや弱いが、霜立ちを防ぐと露地で越冬する。鉢植えのものはフレームや温室に入れるか、鉢のまま乾燥して凍らない程度に越冬させる。繁殖は分球による。[平城好明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android