コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロヒラ戦争 ロヒラせんそうRohilla War

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロヒラ戦争
ロヒラせんそう
Rohilla War

1774年インドのロヒルカンドにイギリス=アワド連合軍 (→アワド王国 ) が侵入し,ロヒラ族を破った戦争。ヒマラヤ山麓,ガンジス川上流の肥沃なこの地域を,アウラングゼーブ (在位 1658~1707) の死後,アフガン系のロヒラ族が支配し,ロヒルカンドという国を建てたが,マラータ族の侵入が続くとアワドの太守 (→ナワーブ ) と協定を結び,マラータ族撃退の代償として 400万ルピーの支払いを約した。しかしロヒラ族はこれを履行しなかったため,アワドはイギリスの援助のもとにロヒルカンドに侵入し,アワドに併合した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ロヒラ戦争の関連キーワードヘースティングズ(Warren Hastings)ヘースティングズラームプル

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android