コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロヒラ戦争 ロヒラせんそうRohilla War

1件 の用語解説(ロヒラ戦争の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロヒラ戦争
ロヒラせんそう
Rohilla War

1774年インドロヒルカンドイギリス=アワド連合軍 (→アワド王国 ) が侵入し,ロヒラ族を破った戦争。ヒマラヤ山麓,ガンジス川上流の肥沃なこの地域を,アウラングゼーブ (在位 1658~1707) の死後,アフガン系のロヒラ族が支配し,ロヒルカンドという国を建てたが,マラータ族の侵入が続くとアワドの太守 (→ナワーブ ) と協定を結び,マラータ族撃退の代償として 400万ルピーの支払いを約した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ロヒラ戦争の関連キーワードルイルイ福永十三郎嶺春泰ルイ[16世]落語バヌアツオオカミの再導入酒田大火ノーフォーク島の歴史

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone