ロフォーテン諸島(読み)ロフォーテンショトウ

  • Lofoten
  • ロフォーテンしょとう〔シヨタウ〕

デジタル大辞泉の解説

Lofoten》ノルウェー北西部沿岸、ノルウェー海にある島々。本土とはベストフィヨルドで隔てられ、アウストボーゲ島、ベストボーゲ島、フラックスタッド島、モスケネゼヤ島などで構成される。ハンザ同盟の時代からタラ漁が盛ん。氷河浸食による急峻(きゅうしゅん)な山や断崖が多く、風光明媚な地としても知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノルウェー北西部沿岸、ノルウェー海に浮かぶ島々のうち、北半部のベステローレン諸島を除く南半部の島々。おもな島はアウストボーゲAustvågøy、ベストボーゲVestvaågøy、モスケネゼヤMoskenesøyaの各島である。氷河によって侵食された尖峰(せんぽう)が海岸からそそり立ち、なかでもアウストボーゲ島東部の1161メートルの山地が最高である。海岸の海水面近くには露岩の平坦(へいたん)面が広がり、これがストランドフラットStrandflatという地形である。集落は海岸に沿った狭いストランドフラットにしがみつくように立地する。近くのロフォーテン・バンクには毎春タラが産卵のため集まるので、3月末にはノルウェー各地から約6000の漁船が集結し、人口約4000の中心集落スボールベアSvolværはその期間に3万人以上の人口に膨れ上がる。

[竹内清文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android