ロブ・ノール[湖](読み)ロブノール

  • ロブ・ノール

百科事典マイペディアの解説

中国,新疆ウイグル自治区南東部,タリム盆地東端にあった塩湖。漢字では羅布泊。タリム川,孔雀河の水を受け,排水河はなかった。もとは湖面標高780m,長さ約95km,幅25〜35km。タリム川の河道の変遷により,位置,面積などが大きく変化し,かつても一時湖水が消えたことがある。1929年ヘディンの探検により,1921年から再びタリム川が旧湖床に注いでいることが明らかにされ,〈さまよえる湖〉と呼ばれた。付近に楼蘭,ミーランなどの遺跡がある。ロブ・ノールとはモンゴル語で〈多くの水が流入する湖〉の意。1952年,尉犁県に堤防が建設され,タリム川の流路が孔雀河と分断され,以後は孔雀河だけがロブ・ノールに流入していたが,1960年代以降は灌漑(かんがい)による取水量の急増のため,今日では塩殻におおわれた砂漠の観を呈している。
→関連項目ミーラーン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android