ロマン(読み)ろまん(英語表記)Jules Romains

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロマン(Jules Romains)
ろまん
Jules Romains
(1885―1972)

フランスの詩人、小説家、劇作家。本名ルイ・ファリグールLouis Farigoule。オーベルニュ出身だが早くからパリに住み、高等師範学校(エコール・ノルマル・シュペリュール)に学ぶ。1903年秋、雑踏のなかで、個が群衆と都市と一つにつながり一体をなすという啓示を得て、一体主義(ユナニミスム)unanimismeを提唱する。人間性と文明への信頼に基づくこの集団的魂の理想の追求が生涯の文学活動を生み出した。この理念は詩集『一体生活』La Vie unanime(1908)、『ヨーロッパ』(1916)、小説『再生の村』(1906)、『ある男の死』(1911)、『仲間』(1913)などに表現される一方、パリ郊外クレテイユに芸術と労働の一体化した集団生活を目ざしていたデュアメル、ビルドラックなど僧院(アベイ)派の文学者に理論的支柱を与えた。一体主義はさらに、心理的・神秘的表明を『プシシェ(プシケ)』Psych三部作(1922~29)、世界大の広がりを『善意の人々』(1932~47)によって得た。また演劇の場でも、ルイ・ジューベとの協力から、『クノック』『トルアデック氏の放蕩(ほうとう)』(ともに1923)、『ドノゴ』(1930)などの傑作喜劇が生まれた。30年代に入ると、『ヨーロッパの問題』(1933)以下一連の政治的発言で反ファシズムを呼びかけ、37~40年まで国際ペンクラブ会長を務めたのち、40年から45年までアメリカ、メキシコにあって自由フランスの代弁者であった。46年アカデミー会員。[小林 茂]
『山内義雄訳『ある男の死』(1938・白水社) ▽青柳瑞穂訳『プシケ』(新潮文庫) ▽岩田豊雄訳『クノック』(新潮文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロマンの関連情報