コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

善意の人々 ぜんいのひとびとLes Hommes de bonne volonté

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

善意の人々
ぜんいのひとびと
Les Hommes de bonne volonté

フランスの詩人,小説家ジュール・ロマン大河小説。 27巻。 1932~47年刊。 20世紀初めの 25年間 (1908~33) のフランス社会全体を描こうとした大作。著者が提唱したユナニミスムの集大成ともいうべき作品。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

善意の人々
ぜんいのひとびと
Les Hommes de bonne volont

フランスの作家ジュール・ロマンの大河小説。27巻。1932~46年刊。1908年から33年までの――第一次世界大戦の危機の予兆からヒトラーの台頭に至る――時代のフランス社会の壮大な叙事詩というべき作品。提唱するユナニミスムunanimisme(一体主義)の理想に基づき、少数の人物を中心に構成された物語ではなく、社会の各層を動かしていく人々の集団のダイナミズムそのものを、作者は描こうとする。友情で結ばれたジェルファニオンとジャレが現実主義と夢想の両面を代表する中心でありながらも、物語はそこに収斂(しゅうれん)せず、拡散し断片化する。集団を構成する人々の生が、並列的にかかわり合わぬまま、モザイクのように展開する。しかもその中核には、集団のなかから生まれてくる深い友愛が、「善意」のモラルへの確信が、世界を破局から救うという信念が貫かれているのである。だが、作品の執筆がますます深く破局へと向かっていった時代になされていることが、作者の願いと裏腹に作品に一種パセティックな相貌(そうぼう)を与えてもいる。[小林 茂]
『山内義雄訳『現代世界文学全集33 ヴェルダン〈善意の人々〉』(1958・新潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

善意の人々の関連キーワードロマン(Jules Romains)ジュール ロマントゥースール秋月 桂太川崎 竹一桜井 成夫上野泰郎回勅善意

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

善意の人々の関連情報