コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロメロ ロメロRomero, Sílvio Vasconcelos da Silveira Ramos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロメロ
Romero, Sílvio Vasconcelos da Silveira Ramos

[生]1851.4.21. セルジペ,ラガルト
[没]1914.7.14. リオデジャネイロ
ブラジルの評論家。リオデジャネイロで人文学,レシフェで法律を学ぶ。「レシフェ学派」という文化活動グループに加わり,代表者として活躍。 1870年,詩,評論などで文学活動を始める。セルジペで連邦議員に選出され (1898) ,ブラジル民法を編纂。ブラジル文学アカデミーの創始者の一人でリスボン科学アカデミー会員。主著『ブラジルにおける哲学』 Filosofia no Brasil (78) ,『ブラジル民話』 Contos Populares do Brasil (83) ,『ブラジル文学史』 História da Literatura Brasileira (88) ,詩『世紀末の歌』 Cantos do Fim do Século (78) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロメロ
ろめろ
Oscar Arnulfo Romero
(1917―1980)

中央アメリカ、エルサルバドル大司教サン・ミゲル州に生まれ、電報配達をして家計を助けた。同州の神学校を経て、1937~1943年にローマグレゴリオ大学で学んで聖職に叙せられるが、この間ファシズム権威主義を体験する。帰国後は良心的で学究的な聖職者として知られ、1967年にタンベの名義司教、1977年にサン・サルバドルの大司教に任ぜられた。しかしこのころから激化した改革派教会人に対する弾圧とテロは彼の政治的姿勢を変えた。貧しい人々の側にたって教会変革と人権擁護を呼びかけ続けた大司教は、軍事政権クーデターで崩壊した翌年の1980年3月24日、説教中に右翼の銃弾に倒れた。殉教した解放の神学者として、中米革命のシンボル的存在である。[乗 浩子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ロメロの関連キーワードリゴレットギュツラフ真葛長造気成電気万国博覧会ミシン万国博覧会万博EXPO

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロメロの関連情報