コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロルツィング ロルツィングLortzing, (Gustav) Albert

2件 の用語解説(ロルツィングの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロルツィング
ロルツィング
Lortzing, (Gustav) Albert

[生]1801.10.23. ベルリン
[没]1851.1.21. ベルリン
ドイツの作曲家。初期ロマン派オペラを作曲。両親が旅回りの俳優で,正規の音楽教育は受けなかったが,テノール歌手として劇場に勤めながらオペラを作曲,指揮者となって自作を上演した。作品『ロシア皇帝と大工』 (1837) ,『水の精』 (45) ,『刀鍛冶』 (46) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロルツィング
ろるつぃんぐ
Albert Lortzing
(1801―1851)

ドイツの作曲家。10月23日ベルリン生まれ。演劇一家のひとり息子として早くから各地で舞台体験を重ね、14歳で最初のオペラを作曲した。1833~44年ライプツィヒ市立劇場の俳優兼テノール歌手として活躍。その間に代表作となった喜歌劇『皇帝と船大工』(1837)、ロマン的オペラ『密猟者』(1842)が生まれた。『ウンディーネ』(1845)は同劇場の地位を失ったときの作品である。46年ウィーンのアン・デア・ウィーン劇場の楽長となり、喜歌劇『刀鍛冶(かじ)』(1846)を上演するが、彼のドイツ的ユーモアはウィーンでは不評で、48年にはライプツィヒに戻っている。不遇な晩年を送り、51年1月21日故郷ベルリンで貧困のうちに世を去った。[樋口隆一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ロルツィングの関連キーワード享和辛酉教獄植崎九八郎歌川豊広神田厚丸喜多川歌麿桜川慈悲成昇亭北寿鳥文斎栄之藤簍冊子

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone