コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロルツィング ロルツィング Lortzing, (Gustav) Albert

2件 の用語解説(ロルツィングの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロルツィング
ロルツィング
Lortzing, (Gustav) Albert

[生]1801.10.23. ベルリン
[没]1851.1.21. ベルリン
ドイツの作曲家。初期ロマン派オペラを作曲。両親が旅回りの俳優で,正規の音楽教育は受けなかったが,テノール歌手として劇場に勤めながらオペラを作曲,指揮者となって自作を上演した。作品『ロシア皇帝と大工』 (1837) ,『水の精』 (45) ,『刀鍛冶』 (46) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロルツィング
ろるつぃんぐ
Albert Lortzing
(1801―1851)

ドイツの作曲家。10月23日ベルリン生まれ。演劇一家のひとり息子として早くから各地で舞台体験を重ね、14歳で最初のオペラを作曲した。1833~44年ライプツィヒ市立劇場の俳優兼テノール歌手として活躍。その間に代表作となった喜歌劇『皇帝と船大工』(1837)、ロマン的オペラ『密猟者』(1842)が生まれた。『ウンディーネ』(1845)は同劇場の地位を失ったときの作品である。46年ウィーンのアン・デア・ウィーン劇場の楽長となり、喜歌劇『刀鍛冶(かじ)』(1846)を上演するが、彼のドイツ的ユーモアはウィーンでは不評で、48年にはライプツィヒに戻っている。不遇な晩年を送り、51年1月21日故郷ベルリンで貧困のうちに世を去った。[樋口隆一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロルツィングの関連キーワード西ベルリン東ベルリンベルリン青シュターツカペレ・ベルリンベルリン・ゲームベルリン交響楽団ベルリン室内管弦楽団ベルリン州立管弦楽団ベルリンタワーベルリン協定

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone