コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローズ ろーずIrwin Rose

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローズ(Irwin Rose)
ろーず
Irwin Rose
(1926―2015)

アメリカの生化学者。ニューヨーク州生まれ。ワシントン州立大学を卒業後、第二次世界大戦終戦時までアメリカ海軍の無線技師を務める。1949年にシカゴ大学で生化学の博士号を取得。その後、アメリカで初めて設立された国立癌(がん)センターであるフォックス・チェイス癌センターの研究者となった。同センターを退職した後は、カリフォルニア大学アーバイン校医学部生理学・生物物理学科の専門研究員となる。
 イスラエルからサバティカル休暇(研究などのための長期休暇)でフォックス・チェイス癌センターに来たイスラエルの生化学者チカノバー、ハーシュコとともに、1970年代からタンパク質の分解に関するメカニズムを研究した。その研究でアミノ酸が76個つながっている小さなタンパク質ユビキチンに注目。ユビキチンはアデノシン三リン酸(ATP)によって活性化することを発見し、生体で不要になったタンパク質に結合するとそれが合図となり、タンパク質プロテアソームという分解酵素によって分解されることを解明した。このメカニズムが明らかになるとともに細胞の分裂、デオキシリボ核酸(DNA)の修復、タンパク質の品質管理、免疫のシステムなどに関する仕組みもわかるようになった。この業績により、2004年にチカノバー、ハーシュコとともにノーベル化学賞を受賞した。[馬場錬成]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ローズの関連情報