コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チカノバー チカノバーCiechanover,Aaron

2件 の用語解説(チカノバーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チカノバー
チカノバー
Ciechanover,Aaron

[生]1947.10.1. ハイファ
イスラエル生化学者。 1974年エルサレムヘブライ大学ハダサー医科大学を卒業し,1981年イスラエル工科大学 (テクニオン) でアブラム・ハーシュコの指導のもと博士号取得。 1977年からテクニオンに勤務し,2002年に教授に就任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チカノバー
ちかのばー
Aaron Ciechanover
(1947― )

イスラエルの生化学者。1974年ヘブライ大学のハダッサ医科大学院卒業後、1981年にイスラエル工科大学で博士号を取得。マサチューセッツ工科大学(MIT)研究員などを経てイスラエル工科大学教授。
 生体は水とタンパク質からできているといわれるほど、多種類のタンパク質が存在している。そのためタンパク質の生成メカニズムが判明するにしたがって、研究者の関心はタンパク質の生成過程に集まっていた。タンパク質の生成にも分解にもアデノシン三リン酸(ATP)という代謝エネルギーが必要であることがわかり、チカノバーは1970年代からタンパク質の分解過程に興味をもって追跡を始め、同じイスラエルの生化学者ハーシュコと、サバティカル休暇(研究などのための長期休暇)でアメリカのフィラデルフィアにあるフォックス・チェイス癌(がん)センターのI・ローズを訪問し共同研究を進め、1978年にATPを必要とするタンパク質分解が存在することを確認した。そして、ユビキチンという76個のアミノ酸残基からできている小さなタンパク質は、不要になったタンパク質に標識され、高分子タンパク質の分解酵素であるプロテアソームに運ばれ、そこで分解されることを発見した。さらにユビキチンのふるまいを追跡し、ユビキチンはタンパク質が分解される途中にあり、完全に分解される直前になると遊離して再利用されるという精妙な仕組みを解明した。
 2004年、この「ユビキチンを介したタンパク質分解の発見」の業績でハーシュコ、ローズとともにノーベル化学賞を受賞した。[馬場錬成]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

チカノバーの関連キーワード2025年問題日野T11B+T25型トレーラーバスみずしま3輪 TM3A学校教育法北朝鮮二・一スト日米関係ラジオドラマ議会議事録長寿化

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チカノバーの関連情報