コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローマ帝国衰亡史 ローマていこくすいぼうしThe History of the Decline and Fall of the Roman Empire

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローマ帝国衰亡史
ローマていこくすいぼうし
The History of the Decline and Fall of the Roman Empire

イギリスの歴史家 E.ギボンの大著。全6巻。 1776~88年刊。英語で書かれた最大の歴史書といわれる。トラヤヌス帝の時代から筆を起し,西ローマ帝国の滅亡,ユスチニアヌス1世東ローマ帝国建設,カルル大帝による神聖ローマ帝国建設,オスマン帝国の侵入による東ローマ帝国の滅亡までの約 1300年間の歴史を記述する。キリスト教の確立,ゲルマン民族の移動,イスラムの侵略,モンゴル族の西征,十字軍遠征など広範な地域にわたる大事件を織込んで,古代と近世の橋渡しを試みる雄編。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローマ帝国衰亡史
ろーまていこくすいぼうし
The History of the Decline and Fall of the Roman Empire

イギリスの歴史家エドワード・ギボンの手になる古典的名著。単なる歴史書ではなく、啓蒙(けいもう)時代のイギリス文学の白眉(はくび)と目される作品。1764年ローマのカンピドリオの丘に立ったギボンは霊感により、ローマ帝国が繁栄の絶頂期であるトラヤヌス帝の時代から、急坂を下るごとくに衰退してゆく過程を描くとの着想を得、76年に第1巻を刊行して大評判をとった。第3巻(1781)の西ローマ帝国の滅亡の叙述でくぎるべきところ、要望もあってビザンティン時代にも筆を進め、ついに1453年のコンスタンティノープル陥落までを含む全6巻の大著となった(1788)。本書は、ローマ衰退の原因を、その文化的・道義的退廃、清新なゲルマン人の進出に帰すだけでなく、隷従的宗教たるキリスト教の発展がローマ的価値を貶(おとし)めたことを一因としており、ギボンの時代キリスト教会の反感を招いた。文献史料に頼りすぎて批判的方法がとられず、コンスタンティヌス帝を非難してユリアヌス帝を好むなどの偏りもあって、学問的叙述とはいえないが、とくに前半部の哀切の情に支えられた名文の迫力は何世紀にもわたって無数の読者をひきつけている。[松本宣郎]
『村山勇三訳『ローマ帝国衰亡史』(岩波文庫) ▽中野好夫・朱牟田夏雄他訳『ローマ帝国衰亡史』全11巻(1976~93・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ローマ帝国衰亡史の関連キーワードギボン(Edward Gibbon)メッサリナデカダンスイギリス史中野 好夫中野好夫アシモフギゾー兵制

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android