コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローラースケート roller-skating

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローラースケート
roller-skating

左右に4個ずつの車輪 (前車2輪,後車2輪) をつけたをはいてコンクリートや床面滑走するスポーツ。 18世紀初め,イギリスで靴に木の車をつけて路上を走ったのが起源といわれ,改良を重ねて 19世紀中頃に現在のような4車輪となった。 1924年国際ローラースケート連盟 FIRS (2002国際ローラースポーツ連盟 FIRSに改称) が設立,1937年第1回世界選手権大会が実施された。日本には 19世紀後半に紹介され,1953年に日本ローラースケート連盟が創立され,競技として確立された。 1955年 FIRSへ加盟,1958年の世界選手権大会に初めて出場した。アイススケートのフィールド版ともいえ,競技にはスピードスケートフィギュアスケート,ローラーホッケーがあるほか,インラインスケートを使ったインラインホッケーも競技種目として認められている。インラインスケートは,車輪を一列に取り付けたもので,従来の4車輪のものに比べてコーナリングが楽にできる。スピードスケートでもインラインスケートを使った競技会が数多く行なわれるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ローラー‐スケート(roller skate)

底に4個の小輪の付いた靴で、床板の上を滑るスポーツ。また、その靴。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ローラースケート

靴に車輪(ローラー)をつけたスケート,またその滑走や競技。起源は18世紀のオランダといわれ,その後の技術改良とともに広まり,とくに米国で盛んになった。スピード,ホッケー(5人制),フィギュアなど,アイススケートと同じ種目の競技がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ローラースケート【roller skate】

靴にローラー(車輪)をつけて滑走するスケート,またその滑走をさす。起源は18世紀のオランダといわれ,以後各種のものが考案されている。1760年ころベルギー人のマーリンJoseph Merlinがロンドンで展示したという記録もある。19世紀初めにはヨーロッパ,アメリカに広まっていったが,1863年にニューヨークのプリンプトンJames L.Plimptonが現在のローラースケートの機構と同様の,ローラーの軸を縦ボルト(キングピン)で靴につないで旋回できる方式を開発して,乗りやすくなったため急速に普及した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ローラースケート【roller skate】

底に小さな四個の車輪の付いた靴で、平らな床面を滑走するスポーツ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローラースケート
ろーらーすけーと
roller skate

左右両足の靴底に車輪をつけ、車輪の回転を利用して滑ることから、「ローラー」の名称が生まれた。通常、前後四車輪のものを「ローラースケート」とよぶが、アイススケートの練習用に、四車輪が1列のもの(インライン)もある。ローラースケートの競技は、アイススケートと同じように、「スピード」「フィギュア」「ホッケー」の三つに大別される。「スピード」は、一定距離の滑走スピードを競うもので、リンク上で行うものと、道路上で行うものとがあり、距離は300~2万メートルまである。競技種目は、短距離のタイムトライアル(1名)、スクラッチレース(2名)、中長距離はオープンレース(10名前後)で行う。このほかポイントレース、リレーなどがある。「フィギュア」は、国際的にはアーティスティックスケーティングとよばれ、競技種目は、男子・女子の規定、男子・女子のフリー、ペア、ダンスの4種で、リンクは50メートル×25メートルの長方形である。「ホッケー」は、40メートル×20メートルのリンクを二つのゾーンに区分し、5名ずつの2チームで、スティックを使ってボールを相手ゴールに入れあう競技である。試合時間は、国際試合の場合25分の前・後半で行う。ボディチェック、プッシング、ハイスティックなどが反則となる。服装・防具は、Tシャツ、ショートパンツで、すね当てと膝(ひざ)当て、手袋のみが許されている。またゴールキーパーは、面、プロテクター、レガード、手袋などをつける。[日本ローラースケート連盟]

ルール変更

2008年4月現在、フィギュアには、フリーのみの「インラインフィギュア」、16人~30人でショーを行う「ショーグループ」、12人~24人で行い、動作規定がある「バシジョン」が追加されている。ホッケーの試合時間は前・後半20分間で、休憩は10分間となっている。また、60メートル×30メートルのリンクでアイスホッケーの防具とスティックを使用する「インラインホッケー」も行われている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のローラースケートの言及

【平岡吟舟】より

…東明節の創始は2世稀音家浄観(きねやじようかん),2世清元寿兵衛(3世清元梅吉),大和楽(やまとがく)の清元栄寿郎などに影響を与えた。また,アメリカから帰国後,日本最初の野球チーム〈新橋アスレチック・クラブ〉をつくって日本の初期野球の基礎をつくったのをはじめ,ローラースケートの道具を持ち帰って普及に努めるなど,その多彩な活動で築いた財を一代で散じ,〈平岡大尽〉などとも呼ばれた。東明節【舘野 善二】。…

※「ローラースケート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ローラースケートの関連キーワード新井愛瞳(アップアップガールズ(仮))ヘザー リチャードソンクー スウィーチャウKisマンテンブラザーズシャニー デービス東京ドーム(株)花の里・河川公園スケートボードひもの屋カレイローラーゲームDJTARO川口運動公園ドライブインバーナム公園平岡 吟舟中村ひろみ五十嵐敏郎中村栄美子玉置千砂子

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ローラースケートの関連情報