コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローレンツ=ローレンツの式 ローレンツローレンツのしきLorentz‐Lorenz’s formula

世界大百科事典 第2版の解説

ローレンツローレンツのしき【ローレンツ=ローレンツの式 Lorentz‐Lorenz’s formula】

気体の屈折率と,その気体分子分極率との関係を表す式。気体の屈折率をn,密度をρとし,その気体の分子の分子量をM,分極率をα,アボガドロ数をNA,真空の誘電率をε0とすると,で表される。この関係式は,オランダのH.A.ローレンツとデンマークのL.V.ローレンツLudwig Valentin Lorenz(1829‐91)によってそれぞれ独立に導き出されたもので,気体の屈折率nは,本質的にその気体の分子の分極率αが与えられれば求められることを示している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android