コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローレンツ=ローレンツの式 ローレンツローレンツのしきLorentz‐Lorenz’s formula

世界大百科事典 第2版の解説

ローレンツローレンツのしき【ローレンツ=ローレンツの式 Lorentz‐Lorenz’s formula】

気体の屈折率と,その気体分子分極率との関係を表す式。気体の屈折率をn,密度をρとし,その気体の分子の分子量をM,分極率をα,アボガドロ数をNA,真空の誘電率をε0とすると,で表される。この関係式は,オランダのH.A.ローレンツとデンマークのL.V.ローレンツLudwig Valentin Lorenz(1829‐91)によってそれぞれ独立に導き出されたもので,気体の屈折率nは,本質的にその気体の分子の分極率αが与えられれば求められることを示している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android