コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワイリー ワイリー Wylie, Alexander

2件 の用語解説(ワイリーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワイリー
ワイリー
Wylie, Alexander

[生]1815.4.6. ロンドン
[没]1887.2.6. ロンドン
イギリスの東洋学者。スコットランド教会宣教師中国語を独学し,ジェームズレッグに見出されて,中国語訳聖書の印刷の監督のため 1847~77年の間上海に滞在。かたわら中国の宗教史,科学史,北アジアの諸民族の文化に関する論文を多く書いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ワイリー
ワイリー
Wylie, Elinor (Morton)

[生]1885.9.7. ニュージャージー,サマービル
[没]1928.12.16. ニューヨーク
アメリカの女流詩人,小説家。旧姓 Hoyt。才色兼備の情熱家で,その短い生涯に3度結婚。創作活動は最後の,詩人ウィリアムベネーとの結婚後に集中している。シェリーおよび形而上詩人の影響を受け,詩集に『風を捕える網』 Nets to Catch the Wind (1921) ,『黒い鎧』 Black Armour (23) など,小説に『ジェニファー・ローン』 Jennifer Lorn (23) ,『みなしご天使』 The Orphan Angel (26) などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワイリーの関連キーワードチャージャーニュージャージーニュージョージアじゃーじゃじゃーみースキージャーナルオペロンジャージジャージー[種]ニュージャージー[州]ニューヨーク・ニュージャージー港湾公団

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワイリーの関連情報