コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワイルドライス Zizania aquatica; wild rice

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワイルドライス
Zizania aquatica; wild rice

イネ科マコモ属の一年草。北アメリカ原産で,南はフロリダやテキサスまでの塩水性の湿地,小川の岸,浅い水中などに群落をなして生える。茎は叢生,直立してときには分枝する。高さは約 3m。葉の幅は広く,扁平で軟らかい。円錐花序は直立し,大きい。単性花で花序の下方に雄花,上方に雌花がつく。雄の小穂の枝は横に広く広がり,下垂する。雌の小は最初直立し,受精時になると下垂する。雌花穂には長い芒 (のぎ) があり,雄花穂にはこれを欠くか,あるいはきわめて短い。古くはアメリカインディアンが食用にしていたが,現在では市場でも売られる。ワイルドライスの名があるがイネ riceとは縁の遠い植物である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ワイルド‐ライス(wild rice)

イネ科マコモ属の植物。北アメリカ北東部の湿地に自生していて、濃褐色の種子インディアンが食料にしていた。現在は、料理の付け合わせ用に栽培されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ワイルドライス

アメリカマコモとも。北米湖水の浅いところや低湿地に大群落を作って野生するイネ科の一年草。マコモの一種。草丈は1〜3mになり,秋に茎の先端に穂をつける。穂の上半分は雄花,下半分は雌花。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ワイルドライス【wild rice】

北米産のマコモ。黒く細長いコメに似た種子は、西洋料理のつけ合わせに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のワイルドライスの言及

【マコモ(菰)】より

… マコモ属Zizaniaは世界中に4種しかなく,このうちの1種マコモが東アジアに,残りの3種は北アメリカ東部に分布している。北アメリカでは古くからインディアンの食糧であり,現在でも感謝祭やクリスマスの七面鳥の詰物に入れたり,スープに入れたりするワイルドライスwildrice(Indian rice)は野生のイネではなく,北アメリカ産の一年生のアメリカマコモZ.aquatica L.やZ.palustris L.の果実で五大湖地方を中心とするアメリカ中西部や近接のカナダでとれる。穀粒が脱粒しやすいので,自生地では舟でこぎ出して,果実を手で払い落として採集する。…

※「ワイルドライス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ワイルドライスの関連キーワードオクタコサノールアメリカマコモマコモ(真菰)オジブワ族コショウ西洋料理スー族

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android