ワンサンアンギーナ(読み)わんさんあんぎーな(英語表記)Vincent's angina

翻訳|Vincent's angina

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワンサンアンギーナ
わんさんあんぎーな
Vincent's angina

フランスの医学者バンサンHyacinthe Vincent(1862―1950)が1898年に詳しく記載した疾患で、紡錘状桿菌(かんきん)と口内スピロヘータの重複感染によっておこる偽膜性口峡炎をいう。健康状態の不良、むし歯、口腔(こうくう)内の不潔などが誘因となり、15~30歳の男性に多い。多くは一側の扁桃(へんとう)の上極部に灰白色の偽膜が付着した潰瘍(かいよう)が初発する。潰瘍は比較的深く、辺縁は不正急峻(きゅうしゅん)で噴火口状になり、潰瘍の周囲は暗赤色である。病変は口蓋(こうがい)弓、咽頭(いんとう)壁、軟口蓋、口頬(こうきょう)粘膜、歯肉粘膜、舌にまで及ぶ。咽頭痛、嚥下(えんげ)痛、放散性耳痛、口臭などがあるが、局所の病変所見ほどひどくないのが特徴でもある。全身状態も良好で、ときに頸(けい)部リンパ節が腫脹(しゅちょう)して圧迫すると痛むことがある。治療は口腔内を清潔に保ち、抗生物質、含嗽(がんそう)剤(うがい薬)、口中剤を使用する。潰瘍部は薬剤や電気で焼灼(しょうしゃく)する。通常は数日から3週間くらいで自然治癒するが、ときに肺炎や敗血症などの重症な合併症をおこしてくることもある。
 なお、バンサンとは別に1894年に記載したプラウトW. Plautにちなんでプラウトアンギーナ、あるいはプラウト‐ワンサンアンギーナともよばれる。[河村正三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android