ヴェルサイユ体制(読み)ヴェルサイユたいせい

旺文社世界史事典 三訂版「ヴェルサイユ体制」の解説

ヴェルサイユ体制
ヴェルサイユたいせい

第一次世界大戦後のヴェルサイユ条約を中心に成立した国際秩序
ヴェルサイユ条約のほかに,サン−ジェルマン条約・ヌイイ条約トリアノン条約セーヴル条約が成立し,戦後約10年間の国際秩序が維持された。これは,イギリス・フランスの主導下に,敗戦国の犠牲の上に立った安全保障体制であり,ソ連敵視の傾向が強く,国際連盟・ロカルノ条約・ロンドン軍縮会議などを通じての国際協調も,この体制の強化をめざしたものであった。ドイツの不満は根強く,国際連盟にアメリカが参加しなかったこともあり,不安定要因を抱えていた。1929年以後の世界恐慌激化は,この体制の矛盾を表面化させ,ドイツ・イタリア・日本などのファシズム国家の出現と,その侵略的外交の開始によって崩壊した。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android