一事が万事(読み)いちじがばんじ

ことわざを知る辞典「一事が万事」の解説

一事が万事

人やものごとは、一つのことにあらわれた結果を見るだけで、他のすべてのことについても推し量ることができる。一つの小さな事柄における傾向が全体についてもあてはまること。

[使用例] 二人の宿役人あかしの弥平を連れて見届けに出掛けたが、不幸な利三郎はもはや起てない人であろうという。一事が万事だ。すべてこれらのことは、参覲交代制度の変革以来に起こってきた現象だ[島崎藤村*夜明け前|1932~35]

[解説] 今日では、もっぱら否定的なニュアンスで使われますが、古くは長所など肯定的な面にも使われていました。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「一事が万事」の解説

一事(いちじ)が万事(ばんじ)

わずか一つの物事から、他のすべてのことを推し量ることができる。一つの小さな事柄の調子が他のすべての場合に現れる。「彼のやることは一事が万事間が抜けている」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「一事が万事」の解説

いちじ【一事】 が 万事(ばんじ)

一つの事を見るだけで、他のすべての事がおしはかられる、一つの小さな事でも、ひいては万事その調子になるということ。
※甲陽軍鑑(17C初)品四〇下「高野聖が半弓にて鍋釜盗人を一人射殺たるとて足軽をあづけ、弓大将にせらるるなれば、一事(ジ)が万事にわたる故、何として人を見しりなされん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android