宿役人(読み)しゅくやくにん

精選版 日本国語大辞典「宿役人」の解説

しゅく‐やくにん【宿役人】

〘名〙
江戸時代、宝永元年(一七〇四)、五街道の宿々で、幕府の代官所手代の中から各宿に一人ずつ任命されて、助郷および人馬差立に、不正や支障がないよう監督にあたった役人。往還荷物や助郷人馬などの検査をした。正徳二年(一七一二)廃止。宿手代(しゅくてだい)
※御触書寛保集成‐二二・正徳二年(1712)二月「向後は宿役人ども之儀、皆々停止候様被仰出候間」
② 江戸時代、宿駅問屋場(といやば)に詰める役人。本来は問屋年寄をさすが、帳付・馬指・人足指などを加える場合が多く、また、名主・組頭・百姓代など村役人を含めることもまれではない。宿役。
※追分宿文書‐文久三年(1863)八月「今般宿役人共勤向其外猥に相成候段入御聞に、厚き御賢慮を以御糺明御座候に付」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「宿役人」の解説

宿役人
しゅくやくにん

江戸時代,五街道脇往還宿駅におかれ,人馬継立てなどの駅逓事務を取扱った役人の総称。名主,問屋,年寄,帳付,人馬指 (じんばさし) などがあり,名主,問屋,年寄の三役には役給が与えられた。また幕府が宿場の監督のため派遣した役人をも宿役人と呼んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「宿役人」の解説

宿役人
しゅくやくにん

江戸時代、宿駅で人馬継立(じんばつぎたて)の任務にあたった役人。一般に、主宰者である問屋(といや)、補佐役である年寄(としより)をさすが、その下役の帳付(ちょうづけ)、人馬指(じんばさし)などを含めていうこともある。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android