コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一人称映画 いちにんしょうえいがfirst‐person narrative film

世界大百科事典 第2版の解説

いちにんしょうえいが【一人称映画 first‐person narrative film】

見る者,すなわちカメラの目がそのまま〈私〉になる一人称的主観描写映画。S.M.エイゼンシテインはこの手法を〈潜在意識を象徴的に表現し,幻想的な夢の連想の内面世界をスクリーンに示す試み〉であり,〈レンズの“目”を観客の目に結合し,映画の物語の人物の名で映画の主人公の席に観客をおく試み〉と定義して,その〈視覚的シンタックス(文章構成法)の基礎〉は,G.W.パプスト監督《心の不思議》(1926)などのドイツ表現派の心理分析的映画にあったと分析している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android