コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一幡 いちまん

2件 の用語解説(一幡の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一幡 いちまん

1198-1203 鎌倉時代,源頼家(よりいえ)の長男。
建久9年生まれ。母は比企能員(ひき-よしかず)の娘。建仁(けんにん)3年父危篤(きとく)のとき没後の諸国地頭職の分割が決定され,関東28国の地頭職をつぎ,関西38国の地頭職は叔父千幡(源実朝(さねとも))に譲与されることにきまる。これを北条時政の陰謀とみて時政追討をくわだてた能員らとともに,建仁3年9月2日北条軍に討たれた。6歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

一幡

没年:建仁3.11.3(1203.12.7)
生年:建久9(1198)
鎌倉幕府2代将軍源頼家の子。母は比企能員の娘若狭局。『吾妻鏡』は建仁3(1203)年9月2日に比企一族と共に小御所で自殺し,焼け跡に残された1寸ほどの小袖の端の模様からその死が確認されたとするが,疑わしい。母の若狭局に抱かれて小御所を脱出したが,後日北条義時の郎等に捕らえられ,11月3日に殺されたとする『愚管抄』の記事の信憑性が高い。

(美川圭)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一幡の関連キーワード鎌倉時代鎌倉三代記禅暁竹御所丹波局(4)中野能成比企尼堀親家源頼兼源頼全

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一幡の関連情報