コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一幡 いちまん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一幡 いちまん

1198-1203 鎌倉時代,源頼家(よりいえ)の長男。
建久9年生まれ。母は比企能員(ひき-よしかず)の娘。建仁(けんにん)3年父危篤(きとく)のとき没後の諸国地頭職の分割が決定され,関東28国の地頭職をつぎ,関西38国の地頭職は叔父千幡(源実朝(さねとも))に譲与されることにきまる。これを北条時政の陰謀とみて時政追討をくわだてた能員らとともに,建仁3年9月2日北条軍に討たれた。6歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

一幡

没年:建仁3.11.3(1203.12.7)
生年:建久9(1198)
鎌倉幕府2代将軍源頼家の子。母は比企能員の娘若狭局。『吾妻鏡』は建仁3(1203)年9月2日に比企一族と共に小御所で自殺し,焼け跡に残された1寸ほどの小袖の端の模様からその死が確認されたとするが,疑わしい。母の若狭局に抱かれて小御所を脱出したが,後日北条義時郎等に捕らえられ,11月3日に殺されたとする『愚管抄』の記事の信憑性が高い。

(美川圭)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

一幡の関連キーワード源頼家(2)鈴ヶ森比企氏公暁

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一幡の関連情報