一揖(読み)イチユウ

デジタル大辞泉の解説

いち‐ゆう〔‐イフ〕【一×揖】

[名](スル)《「揖」は両手を胸の前で組み合わせて行う敬礼の意》軽くおじぎをすること。一礼。
「合掌して、やがて笠を脱いで―したのであった」〈鏡花・草迷宮〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちゆう【一揖】

( 名 ) スル
軽くおじぎすること。会釈。 「唯帽を脱りて-せしのみ/蜃中楼 柳浪

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いち‐ゆう ‥イフ【一揖】

〘名〙 (「」は会釈の意) 軽く会釈をすること。ちょっとおじぎをすること。
※名目鈔(1457頃)諸公事言説「一揖(イチユフ) 一列 一行」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉六「『左様なら』鈴江君は一揖し、お敏君も黙って一礼した」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android