コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一揖 イチユウ

デジタル大辞泉の解説

いち‐ゆう〔‐イフ〕【一×揖】

[名](スル)《「揖」は両手を胸の前で組み合わせて行う敬礼の意》軽くおじぎをすること。一礼。
「合掌して、やがて笠を脱いで―したのであった」〈鏡花・草迷宮〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いちゆう【一揖】

( 名 ) スル
軽くおじぎすること。会釈。 「唯帽を脱りて-せしのみ/蜃中楼 柳浪

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

一揖の関連キーワード佑・優・勇・友・右・宥・幽・悠・憂・揖・有・游・湧・猶・由・祐・融・裕・誘・遊・邑・郵・酉・雄一・壱・壹おじぎ柳浪会釈

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android