御辞儀(読み)オジギ

デジタル大辞泉の解説

お‐じぎ【御辞儀】

[名](スル)《「辞儀」の美化語》
頭を下げて礼をすること。頭を下げてするあいさつ。「深々とお辞儀する」
辞退。遠慮。
「膳(ぜん)をすゑるものを―は無躾(ぶしつけ)だのと」〈滑・浮世風呂・二〉
あいさつ。
「おもしろい―がござりまする」〈狂言記・吟じ聟〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おじぎ【御辞儀】

( 名 ) スル
〔「辞儀」を丁寧にいう語〕
頭を下げて挨拶すること。 「先生に-する」
遠慮すること。辞退。 「何しに-申ましよ、両人ながらお茶はえたべませぬ/浄瑠璃・氷の朔日

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

お‐じぎ【御辞儀】

〘名〙 (「お」は接頭語)
① 辞儀を丁寧にいう語。
(イ) あいさつ、またはあいさつの言葉。
※狂言記・吟聟(1660)「おもしろいおじぎが御ざりまする」
(ロ) 遠慮すること。辞退すること。
浮世草子御前義経記(1700)一「今此の水(すゐ)な世の中に、おじぎはことによるぞかし」
滑稽本・浮世風呂(1809‐13)前「サアサアお辞義(ジギ)なしにお上んなさい」
② 頭を下げて礼をすること。頭を下げてするあいさつ。
※随筆・北越雪譜(1836‐42)二「余愕然(びっくり)し山水を棄て此娘を視るに一揖(オジギ)をして去り」
③ (相手に頭を下げることによって得るところから) たいこもちなどが客からもらう祝儀。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「お辞儀の百疋が、あはよく三坐敷も重ると」
④ (頭を下げるという行為の持つ意味から)
(イ) 商店などが失敗して閉店すること。
(ロ) 相手に降参すること。
(ハ) 取引相場で、債権者に泣きつくこと。
⑤ (頭を下げる動作を見立てて) こっくりこっくり居眠りすること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android