一籌を輸する(読み)イッチュウヲユスル

  • =遜(ゆず)る
  • いっちゅう
  • を=輸(ゆ)する
  • 一籌
  • 一籌(いっちゅう)を輸(ゆ)・する

精選版 日本国語大辞典の解説

(「輸する」は負ける意) 一段階劣る。他人より劣る。おくれをとる。一着を輸する。
※翰林葫蘆集(1518頃)三・題便面瀑「坐来披扇対飛流、画者与吾輸一籌
※侏儒の言葉(1923‐27)〈芥川龍之介〉虚偽「いつも彼女には一籌を輸する外はなかった」 〔陸游‐九月六夜夢中作笑詩詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android