一籌を輸する(読み)イッチュウヲユスル

デジタル大辞泉の解説

一籌(いっちゅう)を輸(ゆ)・する

陸游「九月六夜夢中作笑詩」から》一段階劣る。一歩譲る。
「いつも彼女には―・する外はなかった」〈芥川侏儒の言葉〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いっちゅうをゆする【一籌を輸する】

〔「輸」は移す意。籌を相手に渡すという意味から〕
数取り一つだけ負ける。ちょっと劣る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android