一籌を輸する(読み)イッチュウヲユスル

デジタル大辞泉の解説

一籌(いっちゅう)を輸(ゆ)・する

陸游「九月六夜夢中作笑詩」から》一段階劣る。一歩譲る。
「いつも彼女には―・する外はなかった」〈芥川侏儒の言葉〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いっちゅうをゆする【一籌を輸する】

〔「輸」は移す意。籌を相手に渡すという意味から〕
数取り一つだけ負ける。ちょっと劣る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いっちゅう【一籌】 を=輸(ゆ)する[=遜(ゆず)る]

(「輸する」は負ける意) 一段階劣る。他人より劣る。おくれをとる。一着を輸する
※翰林葫蘆集(1518頃)三・題便面瀑「坐来披扇対飛流、画者与吾輸一籌
※侏儒の言葉(1923‐27)〈芥川龍之介〉虚偽「いつも彼女には一籌を輸する外はなかった」 〔陸游‐九月六夜夢中作笑詩詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android