コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一着 イッチャク

デジタル大辞泉の解説

いっ‐ちゃく【一着】

[名](スル)
最初に到着すること。競走などで、一番になること。
仕事などで、最初に着手すること。
「我党の社会的運動の―として」〈魯庵社会百面相
衣類のひとかさね。洋服のひとそろい。
着用すること。着ること。
「君はいつでも此(この)袖無(ちゃんちゃん)を―して居る」〈漱石虞美人草
甲冑(かっちゅう)一領。
で、盤面に石を一つ打ち下ろすこと。また、その石。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いっちゃく【一着】

( 名 ) スル
競走で、最初にゴールに到着すること。一番。
洋服(上下そろいのものを含む)の数え方で、一つ。 「背広-」
衣服を着ること。 「 -に及ぶ」 「君はいつでも此袖無ちやんちやんを-して居る/虞美人草 漱石
囲碁で、石を一つ盤面に置くこと。一手。 「勝敗を分けた-」
最初に着手すること。
混乱した状態などが落ち着くこと。 〔副詞的用法の場合、アクセントは [0]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一着の関連キーワードフョードロフ(Nikolay Fyodorovich Fyodorov)替え着なしの晴れ着なしすず風にゃん子・金魚goal in案に相違する勝ち馬・勝馬テープを切る反・段・端松平治郷ズブズブ建築儀礼勝ち鞍森且行連勝式着通し着回し単勝式端切れ複勝式輸する

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一着の関連情報