負ける(読み)マケル

デジタル大辞泉「負ける」の解説

ま・ける【負ける】

[動カ下一][文]ま・く[カ下二]
相手と戦ったり争ったりした結果、力の劣った立場になる。敗れる。「試合に―・ける」「賭けに―・ける」⇔勝つ
他と比べて劣る。圧倒される。劣勢である。「腕力では誰にも―・けない」「―・けずにやり返す」⇔勝つ
欲望や働きかけなどを抑えることができなくなる。また、悪い条件や困難な状態を切り抜けられなくなる。「誘惑に―・ける」「夏の暑さに―・ける」「相手の熱意に―・ける」⇔勝つ
金銭を失う。損をする。「パチンコで五千円―・ける」⇔勝つ
薬品うるしなどにかぶれる。「かみそりに―・ける」
値段を安くする。また、おまけとして付ける。「売れ残りを―・けて売る」「一個―・けてもらう」
相手に従う。ゆずる。
「火に焼かむに、焼けずはこそまことならめと思ひて、人の言ふことにも―・けめ」〈竹取
[類語](1陥落落城敗走潰走帰服帰順屈従服従忍従敗れる参る敗北する敗退する完敗する惨敗する大敗する惜敗するやられる土がつく一敗地にまみれる屈するふくする屈服するくじけるひざを屈する降伏降参投降ギブアップかぶとを脱ぐシャッポを脱ぐ一本取られる敗戦負け戦ひざをかがめる軍門にくだへこたれるおじける砕けるめげるくずおれる気を落とす気が抜ける張り合いが抜ける力を落とす肩を落とす/(2劣る輸する見劣りする引けを取る一籌いっちゅうを輸する遅れを取る/(6値引きするおまけする勉強する奉仕するサービスする泣く色を付ける

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android