コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

劣る オトル

2件 の用語解説(劣るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おと・る【劣る】

[動ラ五(四)]
価値・能力・質・数量などが、他に比べて程度の低い状態にある。引けを取る。「技量は数段―・る」⇔勝る
(「…におとらず」の形で)…と同じように。「今日も昨日に―・らず暑い」
身分・階級などが下である。
「―・りたる人の、ゐずまひもかしこまりたるけしきにて」〈・一四六〉
年齢が下である。年月が後である。
「年、我より少し―・りたるをば弟の如く哀れび」〈今昔・五・一三〉
減る。損をする。
「益(まさ)る所無くして、―・り費(つひ)ゆる極めて甚し」〈皇極紀〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おとる【劣る】

( 動五[四] )
ほかと比べて、価値・能力・程度などが及ばない。 ↔ まさる 「性能が-・る」 「体力が-・る」 「犬畜生にも-・る奴だ」 「一流メーカーの品にまさるとも-・らない」 「いずれ-・らぬ名人ぞろい」
「…におとらず」の形で…と同様に、の意を表す。 「あしたも今日に-・らず冷えこみそうだ」
身分・地位などが低い。 「 - ・りたる人のゐずまひもかしこまりたるけしきにて/枕草子 146
年月が後である。年が下である。 「年、我より少し-・りたるをば弟の如く哀び/今昔 5
[慣用] 負けず劣らず

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

劣るの関連キーワード生る縊る掘る娶る打切る押入る聞入る突入る捩じくる勝る

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

劣るの関連情報