劣る(読み)オトル

デジタル大辞泉の解説

おと・る【劣る】

[動ラ五(四)]
価値・能力・質・数量などが、他に比べて程度の低い状態にある。引けを取る。「技量は数段―・る」⇔勝る
(「…におとらず」の形で)…と同じように。「今日も昨日に―・らず暑い」
身分・階級などが下である。
「―・りたる人の、ゐずまひもかしこまりたるけしきにて」〈・一四六〉
年齢が下である。年月が後である。
「年、我より少し―・りたるをば弟の如く哀れび」〈今昔・五・一三〉
減る。損をする。
「益(まさ)る所無くして、―・り費(つひ)ゆる極めて甚し」〈皇極紀〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おとる【劣る】

( 動五[四] )
ほかと比べて、価値・能力・程度などが及ばない。 ⇔ まさる 「性能が-・る」 「体力が-・る」 「犬畜生にも-・る奴だ」 「一流メーカーの品にまさるとも-・らない」 「いずれ-・らぬ名人ぞろい」
「…におとらず」の形で…と同様に、の意を表す。 「あしたも今日に-・らず冷えこみそうだ」
身分・地位などが低い。 「 - ・りたる人のゐずまひもかしこまりたるけしきにて/枕草子 146
年月が後である。年が下である。 「年、我より少し-・りたるをば弟の如く哀び/今昔 5
[慣用] 負けず劣らず

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

劣るの関連情報