コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

劣る オトル

デジタル大辞泉の解説

おと・る【劣る】

[動ラ五(四)]
価値・能力・質・数量などが、他に比べて程度の低い状態にある。引けを取る。「技量は数段―・る」⇔勝る
(「…におとらず」の形で)…と同じように。「今日も昨日に―・らず暑い」
身分・階級などが下である。
「―・りたる人の、ゐずまひもかしこまりたるけしきにて」〈・一四六〉
年齢が下である。年月が後である。
「年、我より少し―・りたるをば弟の如く哀れび」〈今昔・五・一三〉
減る。損をする。
「益(まさ)る所無くして、―・り費(つひ)ゆる極めて甚し」〈皇極紀〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おとる【劣る】

( 動五[四] )
ほかと比べて、価値・能力・程度などが及ばない。 ↔ まさる 「性能が-・る」 「体力が-・る」 「犬畜生にも-・る奴だ」 「一流メーカーの品にまさるとも-・らない」 「いずれ-・らぬ名人ぞろい」
「…におとらず」の形で…と同様に、の意を表す。 「あしたも今日に-・らず冷えこみそうだ」
身分・地位などが低い。 「 - ・りたる人のゐずまひもかしこまりたるけしきにて/枕草子 146
年月が後である。年が下である。 「年、我より少し-・りたるをば弟の如く哀び/今昔 5
[慣用] 負けず劣らず

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

劣るの関連キーワード己に如かざる者を友とする勿れ下手があるので上手が知れる騏驎も老いぬれば駑馬に劣る老いては騏驎も駑馬に劣る安かろう悪かろうわかんどほり腹サントウサイ一籌を輸する劣化コピー粗酒・麁酒クリヤー粉引けを取るLDPE巡洋戦艦一歩譲る優り劣りインド綿心地後る再生ゴム立ち下る

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

劣るの関連情報