コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一越 ひとこし

1件 の用語解説(一越の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひとこし【一越】

絹織物の一種で,一越ちりめんの略。普通のちりめんは経糸に無撚の生糸を,緯糸に左撚り,右撚りの強撚糸(きようねんし)を2本ずつ交互に打ち込んで二越(ふたこし)というのに対し,緯糸の強撚糸を左右1本ずつ交互に一越ごとに打ち込んだもの。製織後,精練を行ってシボを出す。他のちりめんと比べシボは細かくしなやかな風合いが特徴。後染織物として用途が広く無地染,捺染など柄染して用いる。着尺,コート,半襟,兵児帯,帯揚,長じゅばん,裏地等に,広幅地は洋装地に多用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の一越の言及

【ちりめん(縮緬)】より

…生糸のみ使ったものを本ちりめん,玉糸入りのものは玉ちりめん,紬入りは紬ちりめんなどと呼ぶ。ちりめん緯の配列の違いによってしぼの表れ方,形が異なり,左右1本交互を一越(ひとこし),2本交互を錦紗(きんしや),3本交互を三越,4本交互以上で出るしぼを〈うずら〉,片撚りだけのものは片しぼ,立てしぼ,楊柳と呼び絹縮になる。段ちりめんはちりめん緯と平糸などをさまざまに混ぜて織り込んだもので,経緯に強撚糸を使ったものをジョーゼットクレープと呼ぶ。…

※「一越」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

一越の関連キーワード金紗縮緬一越縮緬鶉縮緬生織物金紗縮緬クレープデシン支那縮緬縮緬皺綿縮緬

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一越の関連情報