コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一越縮緬 ひとこしちりめん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一越縮緬
ひとこしちりめん

縮緬の一種。緯糸にS撚 (よ) り,Z撚りの強撚り生糸を交互に織り込み,緯糸の段数 (越数) が1段,つまり一越であるところからこの名がある。薄手で,しぼが小さく,しっかりした地風のもの。表面が比較的なめらかなのが特徴で,縮緬のなかでも高級品として明治以降に開発された。産地は,京都の丹後,滋賀の長浜などが有名で,ほかに,岐阜,桐生,新潟などでもつくられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひとこし‐ちりめん【一越×緬】

《「越」は横糸の数を表す単位》横糸に右撚(よ)り糸と左撚り糸を1本ずつ交互に織り込んだ縮緬。しぼが細かい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひとこしちりめん【一越縮緬】

〔「越こし」はよこ糸を数える単位〕
よこ糸に左撚りと右撚りの強撚糸きようねんしを交互に織り込んだ、しぼの細かい縮緬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一越縮緬の関連キーワード右撚り江戸褄礼装

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android