コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一鎮 いっちん

1件 の用語解説(一鎮の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一鎮 いっちん

1277-1356* 鎌倉-南北朝時代の僧。
建治(けんじ)3年生まれ。時宗(じしゅう)。遊行上人(ゆぎょうしょうにん)6世。3世智得に師事したとも,2世真教の弟子ともいわれる。嘉暦(かりゃく)2年から遊行し,暦応(りゃくおう)元=延元3年相模(さがみ)(神奈川県)藤沢の清浄光寺(しょうじょうこうじ)の住持となった。生地に越後(えちご)(新潟県),越前(えちぜん)(福井県)の2説がある。文和(ぶんな)4=正平(しょうへい)10年12月22日死去。79歳。号は十阿。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

一鎮の関連キーワードバイバルスデラ・スカラ家尊円入道親王ブルク公園延文正平技能実習生赤松則村景愛寺鷲山寺

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone