一陣(読み)イチジン

デジタル大辞泉の解説

いち‐じん〔‐ヂン〕【一陣】

風や雨がひとしきり激しく吹いたり降ったりすること。「一陣の風」「一陣の驟雨(しゅうう)」
陣立てで、いちばん前の隊列。先陣。先鋒(せんぽう)。
「鎮西八郎為朝、―を承って固めたり」〈保元・中〉
一番乗り。先駆け。
「一方の―を懸けて、鎌倉殿にも聞こえ奉り」〈盛衰記・三六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いち‐じん ‥ヂン【一陣】

〘名〙
① 第一の陣。第一線の陣地。先陣。先鋒(せんぽう)。一番手。
※陸奥話記(11C後か)「清原武貞為一陣、〈略〉橘貞頼為二陣
② 敵陣へ最初に攻め入ること。さきがけ。一番駆け。
※吾妻鏡‐文治元年(1185)二月一六日「為大将軍者 未必競一陣歟」
③ 戦陣における一個の軍隊。
※陸奥話記(11C後か)「五陣中亦分三陣、一陣将軍、一陣武則真人、一陣国内官人等也」
④ (━する) 風や雨などが、ひとしきり吹いたり降ったりすること。
※翰林葫蘆集(1518頃)三・風簾花影「晩来一陣狂風起。欲飛紅海牛
※旧習一新(1875)〈増山守正〉下「四隣寂莫陰風一陣す」 〔裴説‐聞砧詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報