陸奥話記(読み)むつわき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陸奥話記
むつわき

陸奥物語』ともいう。平安時代後期の戦記物語。1巻。作者,成立年未詳。康平5 (1062) 年に鎮定された前九年の役を題材とし,漢文体で書かれている。源頼義,義家父子の功業を中心に,漢籍の故事,成語を巧みに利用している。一般には,『今昔物語集』に収められている前九年の役の話が本書に拠っていると考えられていて,成立年代も『今昔物語集』 (12世紀前半の成立) 以前と考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

陸奥話記【むつわき】

《陸奥物語》《奥州合戦記》とも。前九年の役(1051年―1062年)のことを記した物語。1巻。作者不詳。陸奥国の俘囚(服属した蝦夷(えみし))の長安倍氏と鎮守府将軍源頼義との戦いを頼義の活躍を中心に描く。《将門記》とともに軍記物語の先駆とされる。
→関連項目厨川柵軍記

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むつわき【陸奥話記】

軍記。一名を《陸奥物語》ともいい,《奥州合戦記》とも呼ばれる。作者不詳。1巻。11世紀の中葉に,陸奥の俘囚(ふしゆう)の長であった安倍頼時・貞任父子が起こしたいわゆる〈前九年の役〉の顚末を,その鎮定に活躍した鎮守府将軍源頼義の功業を中心に叙述したもの。奥六郡に威を振るう俘囚の長安倍頼時が,1051年(永承6)に衣川(ころもがわ)の南に進出し国守藤原登任(なりとう)に叛いて乱をなしたことから説き起こし,源頼義が勅命を受け陸奥守・鎮守府将軍としてその平定に当たり,12ヵ年におよぶ辛労の末,出羽の豪族清原武則の協力を得て,1062年(康平5)に安倍氏の最後の拠点である厨川(くりやがわ)の柵を陥れ,ようやくこれを鎮圧するに至るまでの経緯を,漢文で実録的に描いている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

むつわき【陸奥話記】

軍記物語。一巻。作者未詳。前九年の役(1051~1062)後まもなくの成立か。前九年の役の経過を資料をもとに和風の漢文体で記す。「将門記」とともに軍記物語の先駆とされる。陸奥物語。みちのくばなし。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陸奥話記
むつわき

平安後期の漢文軍記。1062年(康平5)ごろ成るか。源頼義(よりよし)・義家(よしいえ)が奥州の豪族安倍頼時(あべのよりとき)父子を征討したいわゆる前九年(ぜんくねん)の役(えき)の一部始終を書いた合戦記である。巻末の文章から、平定後まもなく在京の官人が公式の文書に種々の口誦(こうしょう)の説話をあわせて書いたと思われるが、資料的価値は高い。文章は古典の詞句をちりばめた対句で整斉され、中国の故事が引用されているが、ことに『漢書(かんじょ)』の影響が著しい。作者の立場はつねに官軍の行為を肯定賛美しているので、『将門記(しょうもんき)』のような魅力に乏しい。しかし随所に感動的場面や個人の華々しい活躍が記される。新しく台頭してきた武士の主従関係や倫理観が打ち出されていて、後世の軍記物語への展開を考察するうえで貴重である。[大曽根章介]
『梶原正昭校注『陸奥話記』(1982・現代思潮社・古典文庫) ▽大曽根章介校注『陸奥話記』(『日本思想大系8』所収・1979・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

むつわき【陸奥話記】

平安中期の軍記物語。一巻。作者・成立年代未詳。前九年の役を主題とし、漢文体で記す。「将門記」とともに軍記文学はしりとされる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報