コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一陽会 いちようかい

百科事典マイペディアの解説

一陽会【いちようかい】

1955年に創立した美術団体。二科会を脱退した鈴木信太郎高岡徳太郎野間仁根を中心に結成された。絵画(洋画)部と彫刻部がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一陽会
いちようかい

洋画、彫刻、版画の美術団体。1955年(昭和30)7月、二科会を退会した鈴木信太郎、高岡徳太郎、野間仁根(のまひとね)を中心に、同じく二科会を去った会員17名、会友7名により結成、同年9月東京・日本橋高島屋で第1回展を催した。以来毎年秋に公募展を開催、第4回展から会場は東京都美術館。未完成を恐れず新分野を確立するとの主張を掲げてきたが、近年厳格主義をとって真のプロ育成を会の方針としている。[佐伯英里子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

一陽会の関連キーワード鈴木信太郎(洋画家)鈴木信太郎(3)高岡 徳太郎鈴木 信太郎武田 太郎田辺栄次郎浅野 孟府野間 仁根鱸 利彦伊本 淳浅野孟府鱸利彦伊本淳公募展

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android