コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野間仁根 のま ひとね

3件 の用語解説(野間仁根の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

野間仁根

洋画家。愛媛県生。東美校卒。中川紀元に師事。二科展を中心に活躍し、佐藤春夫井伏鱒二らの小説の挿絵でも知られる。鮮やかな色彩と骨太な筆触で、ユーモラスで幻想的な独特の画風を展開した。二科会・一陽会会員。昭和54年(1979)歿、78才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野間仁根 のま-ひとね

1901-1979 昭和時代の洋画家。
明治34年2月5日生まれ。川端画学校にはいり,のち東京美術学校(現東京芸大)を卒業。二科展出品の「夜の床」で樗牛(ちょぎゅう)賞,「ぜ・ふうるむうん」で二科賞を受賞。昭和30年一陽会を結成。坪田譲治,井伏鱒二(いぶせ-ますじ)らの新聞連載小説の挿絵もえがいた。昭和54年12月30日死去。78歳。愛媛県出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野間仁根
のまひとね
(1901―1979)

洋画家。愛媛県生まれ。1919年(大正8)上京し、翌年川端(かわばた)画学校に学んだのち、東京美術学校西洋画科に入学。在学中から中央美術展、光風会展、二科展に出品し、25年に卒業。28年(昭和3)二科展で樗牛(ちょぎゅう)賞、翌年二科賞を受賞し、会友を経て、33年二科会会員となる。坪田譲治(じょうじ)、井伏鱒二(いぶせますじ)らの新聞連載小説の挿絵を担当。第二次世界大戦後は55年(昭和30)に二科会を退会して同志と一陽(いちよう)会を結成した。海や森の主題により、多彩でユーモラスな幻想的作風を示す。[小倉忠夫]
『『野間仁根画集』(1980・三彩新社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone