コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丁野南洋 ちょうの なんよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丁野南洋 ちょうの-なんよう

1754-1802 江戸時代中期-後期の儒者。
宝暦4年生まれ。江戸で宇佐美灊水(しんすい)にまなび,寛政9年比叡山(ひえいざん)山門の講師となる。著作「鼓山房遺稿」は,近江(おうみ)(滋賀県)の梅辻春樵(しゅんしょう)が遺文をあつめたもの。享和2年2月4日死去。49歳。土佐(高知県)出身。名は粲(さん)。字(あざな)は君美(くんび)。通称は彦十郎。別号に鼓山。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

丁野南洋の関連キーワード脇田東川儒者

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android