コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丁野南洋 ちょうの なんよう

1件 の用語解説(丁野南洋の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丁野南洋 ちょうの-なんよう

1754-1802 江戸時代中期-後期の儒者。
宝暦4年生まれ。江戸で宇佐美灊水(しんすい)にまなび,寛政9年比叡山(ひえいざん)山門の講師となる。著作「鼓山房遺稿」は,近江(おうみ)(滋賀県)の梅辻春樵(しゅんしょう)が遺文をあつめたもの。享和2年2月4日死去。49歳。土佐(高知県)出身。名は粲(さん)。字(あざな)は君美(くんび)。通称は彦十郎。別号に鼓山。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

丁野南洋の関連キーワード杉田玄白星野良悦ガス灯評判記グエン(阮)朝ドニエプロペトロフスク十返舎一九グエン朝常磐津兼太夫工場法

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone