万事休す(読み)ばんじきゅうす

精選版 日本国語大辞典 「万事休す」の意味・読み・例文・類語

ばんじ【万事】=休(きゅう)す[=休(や)む]

(「休す」はやむの意)
① もう施すべき手段がなく、すべて終わりである。何事も全く見込みがない。
※南郭先生文集‐初編(1727)三・春日偶作十首「雲夢昔年遊、雄風万事休」
読本椿説弓張月(1807‐11)拾遺「三寸息絶れば、万事休(バンジキウ)す」 〔宋史‐荊南高氏世家〕
俗世間のことからすべて退く。
※両足院本山谷抄(1500頃)一五「何とまり召還されたらば万事休して」
四河入海(17C前)二五「陶言は、富貴は非吾願、只郷里に帰去て、万事休するぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「万事休す」の意味・読み・例文・類語

万事ばんじきゅう

《「宋史」荊南高氏世家から》もはや施す手段がなく、万策尽きる。もはやおしまいで、何をしてもだめだという場合に使う。
[補説]「万事窮す」と書くのは誤り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

故事成語を知る辞典 「万事休す」の解説

万事休す

もうそれ以上、できることがなくなること。すべてが終わりになること。

[使用例] 面倒をいといさえしなければ……闘うつもりになりさえすれば……まだまだ万事休したというわけではないのである[安部公房*砂の女|1962]

[由来] 七世紀、唐王朝の時代の初めごろから、中国の詩によく使われている表現。たとえば、しんせんという詩人作品では、都から遠く離れた土地へと左遷されていく際の気持ちを、「せられて一身在り、平生、万事休す(自分一人だけが見捨てられてしまい、日常生活でも、もうすべては終わってしまった)」とうたっています。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android