コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三世相錦繍文章 サンゼソウニシキブンショウ

デジタル大辞泉の解説

さんぜそうにしきぶんしょう〔サンゼサウにしきブンシヤウ〕【三世相錦繍文章】

歌舞伎狂言。常磐津(ときわず)。3世桜田治助作。4世岸沢古式部・6世岸沢式佐作曲。安政4年(1857)江戸中村座初演。全6幕の世話狂言を常磐津で通した大曲。通称、三世相お園六三(ろくさ)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

三世相錦繍文章【さんぜそうにしきぶんしょう】

常磐津節の曲名。通称は《三世相》。1855年初演,のち1857年江戸中村座で興行。3世桜田治助作詞,5世岸沢式佐作曲。清元節の《神田祭》とともに江戸の祭気分が表れた曲として有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三世相錦繍文章
さんぜそうにしきぶんしょう

歌舞伎(かぶき)脚本。世話物。6段。3世桜田治助(じすけ)作。1857年(安政4)7月江戸・中村座で、2世片岡我當(がとう)のお園、2世沢村訥升(とっしょう)の六三郎(ろくさぶろう)らにより初演。1749年(寛延2)大坂で大工六三郎と遊女お園が心中した事件に取材した「お園六三(ろくさ)物」の一つで、舞台を江戸に移し、常磐津豊後大掾(ときわずぶんごだいじょう)、岸沢古式部(こしきぶ)らの全段常磐津出語りで脚色した作。深川仲町福島屋の遊女お園は、愛人小柴(こしば)六三郎のために尋ね得た色紙(しきし)を、兄長庵(ちょうあん)に奪われ、わが娘まで殺されたので、長庵を殺し、洲崎(すさき)堤で六三郎と心中する。2人は地獄へ落ち、閻魔(えんま)の庁で裁きを受けるが、そこで長庵はお園の兄でなく母の敵(かたき)と知れ、色紙の所在も判明する。以上はすべてお園の夢で、2人は三社の祭礼で長庵を討ち、首尾よく色紙も手に入れる。幕末らしい洒落(しゃれ)っ気の多い作品で、大好評を得たが、豊後大掾と古式部に功名争いがおこり、常磐津が2派に分裂するもとになった。1932年(昭和7)前進座が復活し、第二次世界大戦後は大歌舞伎や舞踊会などでも上演されている。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

三世相錦繍文章の関連キーワード桜田治助(3代)神田祭(邦楽)常磐津節日本舞踊

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android