コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お園六三 オソノロクサ

大辞林 第三版の解説

おそのろくさ【お園六三】

1749年、大坂南地福島屋の遊女お園と大工の六三郎が心中した巷説を脚色した作品類の通称。浄瑠璃「八重霞浪花浜荻やえがすみなにわのはまおぎ」、歌舞伎「三世相錦繡文章さんぜそうにしきぶんしよう」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

お園六三
おそのろくさ

浄瑠璃(じょうるり)、歌舞伎(かぶき)に登場する人物名。1749年(寛延2)大坂・南新地福島屋の遊女お園が大工六三郎と心中したという実説がもとだが、脚色では北の新地の遊女かしくが兄を斬(き)った事件を絡ませることが多い。近松徳三作『色競(だてくらべ)かしくの紅翅(べにがき)』(1808)をはじめ数種あるが、なかで3世桜田治助(じすけ)作『三世相錦繍文章(さんぜそうにしきぶんしょう)』(1857)は常磐津(ときわず)の名曲として有名。近世では岡本綺堂(きどう)作『心中浪花の春雨(しんじゅうなにわのはるさめ)』がある。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

お園六三の関連キーワード三世相錦繡文章お園/六三郎心中物三世相